サービス一覧

冠婚葬祭のイベントのときに食事がだされることがあります。
お葬式や法事などでは仕出しのものや地域の定番の和食料理店などが多いです。
また、参列した側もお葬式や法事は食事を楽しむために行くものではないのでそこまで期待していません。
おいしいとラッキーくらいの気持ちなので、自分が喪主等手配する立場になったときはあまり深く考えなくても問題ないでしょう。
しっかりと考えないといけないのは、結婚式のときです。
結婚式に参列する側の最大の楽しみは料理といっても過言ではありません。
新郎新婦からすると、衣装や装飾、引き出物や演出など考えることもお金のかかることもたくさんあるため、食事はその中の一つと考えてしまいがちですが、ゲストのことを考えるならば最も力を入れなければなりません。
節約したいと考えていても、食事の部分は節約しないほうがいいでしょう。
貧相な食事だと後々までイメージが悪くなります。
衣装や装飾、演出などで節約をして、料理より引き出物などゲストに関係する部分はしっかりとお金をかけるのがおすすめです。