サービス一覧

お正月は、冠婚葬祭のうちの一つで日本の伝統行事ですが、お正月についての正しい知識は意外と知られていません。
そこで、門松・しめ飾り・鏡餅・お節料理などのお正月の飾りや料理に使われる材料に込められたそれぞれの縁起担ぎをご紹介します。
まずは飾りに使われる「裏白(うらじろ)」。
これは、葉の裏が白いことから白髪になるまで長生きをするという意味です。
続いて「ゆずり葉」。
これは、新しい葉が出てくると古い葉が落ちていくので、子孫に福をゆずるという意味が込められています。
次に、料理に使われる「伊達巻」。
これは、卵が子孫繁栄、形が巻き物に似ているので知識が増えるといった意味があります。
続いて「金団」。
これは、黄金の団子や小判を表していて財を成すという意味をもっています。
続いて「数の子」。
これは、子宝に恵まれる、子孫の繁栄といった意味があります。
そしてお正月といえば「鏡餅」。
お餅は神様の食べ物とされていて、大小のお餅を重ねるのは「陰(月)」と「陽(日)」を重ねることで福徳が重なるという意味が込められています。